ochakoは、お茶をもっと楽しみたい貴方に、新しいお茶の世界をご提案します。
ochakoのコンセプトochaサロンochaラジオochaテレビochaプランショッピングTOP

ochakoお茶いまどき!ここだけ!

お茶の楽しみ方を新提案!
ochakoが日本全国、世界を駆け巡り集めたワクワクの旬情報!新情報!をいち早くお伝えします。
<< これがホントの生茶! | main | 白身魚のポワレ >>
和歌山県 白浜町川添茶 山間地のお茶
温泉と海で有名な和歌山県白浜町。海沿いから25キロの山間地、日置川地域に50年の樹齢のやぶきたの茶樹がこの地で脈々と育っています。浅蒸しのお茶で爽やかです。これからは水出しにもおいしいお茶です。
川添茶50周年を記念して静岡生まれの私がお茶の研修会の講師として趣ました。茶業を営む方々は30人ほどですがそのほとんどは、兼業農家です。この地域が今、地元でも緑茶を飲んでもらい、もっとお茶を学ぼうと一生懸命に頑張っています。緑茶を作っていますが、生産し出荷するのが精一杯で、これまで煎茶を淹れて飲む習慣がなかった地域です。実は和歌山県はお粥さんといって番茶煮立ててつくる茶粥の食文化は根強く残っています。しかし煎茶を飲む習慣がありません。茶粥に使う番茶といわれる日乾番茶を常に飲んでいます。私は生産しているのに飲んでいないことに衝撃を受けました!私が訪れたその日から興味を持っていただけたらと煎茶の淹れ方を手ほどきし、お茶の健康成分、それから新しい楽しみ方まで2時間に渡り出来る限り伝えました。この日を楽しみにおめかしして集まってくださった地域の皆さん70名が、沸き合い合い、終始朗らかにまた興味深く聞いていたことが印象的でした。日本茶の美味しさを知らない地域はまだまだたくさんあり、日本茶インストラクターとしてもおいしさを知っていただいた瞬間は醍醐味があります。やぶきたを栽培を始めて50年。この小さな茶産地に茶は脈々と根付いていました。この日をきっかけにお茶を飲む楽しみ、淹れる楽しみを根付いてくれることを願います。そのお手伝いが出来たことは私としても嬉しい出来事でした。
また煎茶の他に注目するところは番茶の製造が受け継がれています。地元で生まれた釜炒り日乾番茶。今回製造方法を見せていただきました。後日ゆっくりお伝えします。
| ochako-b | 全国けんこう巡りあい | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
6topさんコメントありがとうございます。やぶきたを植えて50年を記念して行われた研修会でしたが、半世紀を機に川添茶を育てるために皆さん目をキラキラさせて聞き入っていただいたことに私も感動しました。和歌山県だけではなくお茶を生産する方々が自身のお茶を知る機会やきっかけをつくることもお茶消費に通じると思います。地盤を固めれば地元を知ることができて地域で生まれたお茶を拡げる源にもなるでしょうね。
| ochako | 2007/05/30 1:44 AM |

 和歌山に素晴らしいお茶を育てる方がいらっしゃるのは知っていました。
 そんな産地での講演は、皆さんに今後の生産に対する意識に大変大きなエネルギーを与えたかと思います。
 その日その日の製造に終われ、とかくその意義を忘れてしまいます。その表れとして、自分たちの茶を飲まないことではなかったかと思います。
 お買い上げいただく消費者の皆様への、茶の講演や入れ方教室は販売拡大及び促進に役立ちますが、一方で、生産サイドの方々にも、改めて自分たちの作品の存在意義を検証する術を獲る機会になり、生産意欲と技術の向上へと必ず結びつくと信じています。
 今回の和歌山での出来事は、川添茶の将来に大きな一歩になりましたね。
| 6top | 2007/05/26 9:15 AM |










http://blog.ochako.com/trackback/553744
facebook




sun mon tue wed thr fri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
【ochako.com】〒422-8042 静岡県静岡市駿河区石田3-16-14 tel.054-286-2002 【お問い合わせ窓口