ochakoは、お茶をもっと楽しみたい貴方に、新しいお茶の世界をご提案します。
ochakoのコンセプトochaサロンochaラジオochaテレビochaプランショッピングTOP

ochakoお茶いまどき!ここだけ!

お茶の楽しみ方を新提案!
ochakoが日本全国、世界を駆け巡り集めたワクワクの旬情報!新情報!をいち早くお伝えします。
<< NHKに出演 山のおいしいお茶が仲間入り | main | 毎月1日はお茶に親しむ日 >>
11月1日は静岡市お茶の日 秋に深まるお茶の味を楽しもう!
 11月1日は静岡市お茶の日です。
静岡市ではお茶に親しみイベントなが開催されています。
江戸時代、駿府城で隠居していた徳川家康は井川の大日峠付近にお茶蔵を建て、秋になると茶壷を運ばせまろやかに熟成したお茶を楽しんだといわれています。

今日も、静岡市では歴史を垣間見る行事が開催されました。
家康が眠り、国宝となった静岡市久能山東照宮で駿府お茶壺道中と口切りの義が執り行われました。

現在、静岡市葵区井川に復元されたお茶蔵があり利用されています。

また10月31日にはNHKに出演し、「秋に深まるお茶のi味を楽しもう!」

おいしくなった秋の熟成茶の楽しみ方をご紹介。
11:45〜のしずおか情報ランチ 茶遊茶楽のコーナーです。








番組でも一部紹介 秋のお茶です。

■静岡市錦町 小島茶店の熟成本山茶(大日峠お茶蔵で熟成)

■島田市高森商店 島田熟成茶研究会の熟成(初倉の深蒸し茶)

■掛川市佐々木製茶 寒熟秋もみ茶 (新茶を低温冷蔵庫で貯蔵後、秋にもみあげた(精揉)深蒸し茶)

■静岡市鷹匠町 杉山園 秋茶物語 (天龍の秋の手積み新茶)

どれも、お茶の貯蔵技術と秋のお茶の旨さを知りぬいたお茶屋さんの秀作です。


また、番組では我が家の蔵「冷蔵庫」で保存した2年ものの蔵出し茶を紹介
これは藤枝市岡部の前島東平さんのさえみどりです。

コモ掛けして栽培した玉露です。コモをかけたお茶はうまく熟成するといわれています。

秋はおいしいお茶をいただく通なシーズン!
是非お楽しみください。

また、11月1日は静岡市ホテルセンチュリー静岡では市民にお茶を親しんんでいただくイベントが開催されます。

motto!
もっと静茶党&スイーツ派
 という楽しい企画にも出演!

満員御礼とのことです。お茶のブレンド技術のプロフェッショナル前田文男さんの講演会や「静岡茶にあうスイーツコンンテスト」2つの企画で、知って愉しむ豊かなイベントです。

司会を担当しますが今から楽しみです。
静岡市の4地区のお茶と静岡のスイーツのマリアージュをコンテストにしたものです。

さーどうなるのか!お楽しみに!

| ochako-b | お茶珍百景 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP









http://blog.ochako.com/trackback/1069754
facebook




sun mon tue wed thr fri sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
【ochako.com】〒422-8042 静岡県静岡市駿河区石田3-16-14 tel.054-286-2002 【お問い合わせ窓口