ochakoは、お茶をもっと楽しみたい貴方に、新しいお茶の世界をご提案します。
ochakoのコンセプトochaサロンochaラジオochaテレビochaプランショッピングTOP

ochakoお茶いまどき!ここだけ!

お茶の楽しみ方を新提案!
ochakoが日本全国、世界を駆け巡り集めたワクワクの旬情報!新情報!をいち早くお伝えします。
<< お茶を愉しむ  | main | NHKに出演 冬に飲みたい紅茶アラカルト >>
小豆島 手延べそうめん作り体験


日本三大手延べそうめんのひとつ 小豆島の手延べそうめん(兵庫県・播州、奈良県・三輪)
静岡麺通団団長は高松の朝からうどんの調査のあと、高松からフェリーで1時間小豆島に渡りました。


今、小豆島はそうめん寒干しが冬の風物詩となっているとの情報に、ホテルでそうめん作り体験ができる場所を教えてもらい、草壁港から近い、なかぶ庵さんにお邪魔しました。

どんな風に体験できるのか興味津々の団長は、張り切って参加したのです。

なかぶ庵の店主 中武義景さんが工場を案内してくださり、そうめんの歴史が作り方を丁寧に説明してくれます。

案内された後に、準備された手延べそうめんの麺生地が紹介されました。
なかぶ庵の小豆島のそうめんには厳選の小麦粉と瀬戸内海の塩。それに霊峰星ヶ城山から流れ落ちる水源の水、それから、なめらかな表面を乾燥から守るために、香ばしいゴマ油が使われます。
ごま油も特産で、超有名なごま油メーカーカドヤの工場が小豆島にあるんです。出来立ての50センチほどの麺生地から確かに、ごま油お香りが確かにするんです

これから、長い2本の箸で麺生地を細く伸ばす「箸わけ」といわれる作業をするそうです。
まずは、麺の弾力を感じるために引き伸ばす体験が!伸びる〜〜!!
そうめんってこんなに弾力があるのですね。そして、麺どうしが交差してくっついているのを2本の箸で裁いて細い一本の麺に仕上げます。

これが「箸わけ」!!気持ちいいほど箸が開きます!!
2メートルまでになるんです。




ところが・・私の麺生地に異変が!!
高さ2メートルほどの延ばし機に延ばした麺を管にさしていたのですが・・
なんだかボロボロと麺が落ちていくではありませんか・・・そうです・・切れちゃった・・・4人グループのうち、私だけが切れてる・・・く・や・し・い〜!!左・切れた人と右・うまくできた麺の違い・・・


どうやら、箸わけのときに、そうめんの生地に触れすぎたのと、力が入っていたので、傷がついたようです。やはり、簡単にはいかないのですね。
私がどうも不器用なのですね・・このあと、天日にさらすために庭に並べられます。太陽の光を浴びて風味を増しながら乾燥して完成です。なんと、後日、そうめんつくり体験で作ったMYそうめんが届きました。感激!!なかぶ庵さんの技術できれいに出来がっていました。小豆島でのそうめん作り体験オススメです!!

本日のCha!Cha!サタデー11:45〜の静岡麺通団コーナー 小豆島の素麺の詳しい情報をなかぶ庵さんに電話インタビュー!寒作り天日干し仕上げおいしい小豆島のそうめんのプレゼントが!ご応募はこちら!

| ochako-b | 静岡麺通団 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP









http://blog.ochako.com/trackback/1069713
facebook




sun mon tue wed thr fri sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
【ochako.com】〒422-8042 静岡県静岡市駿河区石田3-16-14 tel.054-286-2002 【お問い合わせ窓口