ochakoは、お茶をもっと楽しみたい貴方に、新しいお茶の世界をご提案します。
ochakoのコンセプトochaサロンochaラジオochaテレビochaプランショッピングTOP

ochakoお茶いまどき!ここだけ!

お茶の楽しみ方を新提案!
ochakoが日本全国、世界を駆け巡り集めたワクワクの旬情報!新情報!をいち早くお伝えします。
岩手県平泉 おもてなしのわんこそば
 岩手県平泉 おもてなしのわんこそば
| ochako-b | 静岡麺通団 | 10:11 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
100年の追い足し熟成醤油ダレのラーメン


 100年の追い足し熟成醤油ダレのラーメンを贈っていただきました。
兵庫県尼崎市にある大貫というラーメン屋さんのものです。

しかも、最近はうれしいことに、ほぼそのままの味が自宅でも楽しめる、お取り寄せセットもあるわけです。

今まで食べたことのない何とも表現しにくいラーメン
シンプルな醤油味でもなく、味噌味でもなく、とんこつスープでもない・・・・・・

その味の秘密はぶたさんの容器に入ったこのタレに秘密がありそう・・・

このタレを舐めてみますと・・・

ただの醤油の味ではない

しいて言えば、老舗のうなぎのタレのような・・・

一度ご賞味を!




お取り寄せ可能というのも便利な時代になりました・・・また、シャーハンも絶品!
| ochako-b | 静岡麺通団 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
おひさま が楽しみ・・・私の憩い 癒し
ブログを更新する心の余裕がなく、 忙しい日々の中、NHKおひさま は私の憩いです。

そして、茶農家さんが一生懸命そだてたお茶も癒しです。

今年はどのお茶もおいしいですね。

私は、新茶の香りをいっぱい感じるカフェオーレボウルのようなたっぷり入る器でお茶するのがMYブームかな・・・

そして、おひさまの舞台は長野県 今 長野にはまっています。

木曾漆器に麺街道・丼街道ともうたまりませんね・・・わくわくスポット満載!!

長野県に日帰りでちょこっとお出かけ


おひさまの井上真央ちゃん演じる 太陽の陽子と高良健吾君演じる和成との松本での結婚式にも登場したそばは「とうじそば」といいます。最近食べたばかりで、ビックりしました。

そばを投げる 「とうじる」からきているとか・・ゆでたお蕎麦を専用のザルでしゃぶしゃぶのように温めて、御碗に具も入れて味わいます。油揚げ・鶏肉・ネギ・白菜・きのこなどが入っています。

おいしいかったですよ。
沢山の人が集まるときにもてなされる蕎麦だそうです。

さて、放送の結婚式を見た視聴者から局に祝電も届いているそうです。私も送りたくなりました。。。


番組の中にも漆器などがいたるところにいいものが登場してますよ。地場産品ですものね。

漆器にもはまりそう。。

俳優 高良健吾君にもはまっています。

山田孝之君 市原隼人君以来の衝撃!!

見とれてしますのは私だけ・・・・




| ochako-b | 静岡麺通団 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
麺通ワールドの店?

横浜中華街で麺通にはたまらないお店を発見!
横浜にある製麺所ですが、生めんの種類も豊富、さらにスープの数は自家製スープ以外にもよりどりみどり・・・あごだしスープにちゃんぽん麺のスープ、醤油、味噌スープも選ぶのが困るほど豊富です。いろいろ買って来ちゃいました。














横浜開港通りにある62年の歴史ある永楽製麺所

そもそも、このお店に行き着いたのにはきっかけがありました。

中国茶友達からオススメのお店「鳳林」の塩ソバを頂いたころ、その麺がいい香りがします。
その麺は、季節限定の酔仙麺というものでした。

この麺は紹興酒が練りこまれた麺でした。
その麺を製造しているのが永楽製麺所でした。

気になり出かけたところ、楽しい楽しい麺通ワールド・・

ラーメンの器もいろいろありました・・・

今日Cha!Cha!サタデーの静岡麺通団はそのお店に電話インタビュー
お楽しみに!コーナーは11:45〜です。

| ochako-b | 静岡麺通団 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
栄養いっぱい お茶スパ 「お茶ゲッテイー」
 

 「茶殻」を使った料理
 
 お茶ゲッテイー(焼きそば風)

     「茶殻」を使ったスパゲティー
             
お茶ゲッティー を紹介しますね。

 

材料と作り方

オリーブ油、お茶オイルもオススメ!(茶油 )
みじん切りのにんにくをいれ香りを出します。
キャベツ、モヤシ、ベーコンなどを炒めます。
ゆでたスパゲティーをいれさらに炒めます。

味付け・・梅肉(自家製)、はちみつ、ポン酢をお好みの味に混ぜあわせたものを炒めながらあえちゃいます。

仕上げに茶殻《玉露、煎茶一番茶》  

バジリコ入れるような気分であえましょう。
 
あっさり、さっぱり、おいしいです!!おいくお茶を飲んだ後は「お茶ゲッテイー!!

 

★お茶の健康成分を丸ごと!
 
《飲むときに取れる健康成分》20〜30%

§カテキン類、カフェイン、テアニン

§ビタミンC、B2 (抗酸化)

ミネラルなど 

★《茶殻に残る健康成分 70%〜80%)

§食物繊維、タンパク質、

β―カロチン,ビタミンE、葉緑素など


栄養の宝庫、食べる茶トライしてみてください

 

お昼にお茶とスパゲッティーとポン酢と梅とはちみつと、冷蔵庫の中にあるあり合せの野菜などで簡単にできます。お試しくださいね。

まずは、お茶を飲むことからスタート!!

 

| ochako-b | 静岡麺通団 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
大川地区の在来の蕎麦
先日、静岡市中心部から50分 本山茶の産地 大川地区でおもしろいイベントを茶農家の方々が企画したとの情報 さっそく出かけてきました。
静岡市の街からの参加者がお茶農家さんが指導する手打ちそばを体験して、地元の高級茶を地元で楽しみ 大川地区の話題のスポット大間縁側お茶カフェを堪能するというものです。


そこで、面白い情報を得ました!今回のお蕎麦の手打ち指導もした日向(ひなた)地区の茶農家 牧野力男さん・・手もみ茶の師範であり、おいしい茶を作る優秀な茶農家さん、なんと蕎麦も自分で植えています。

その蕎麦は大川地区に昔からある在来の蕎麦です。その蕎麦の起源はどうも大間にあるものだそうです。大間の蕎麦の種を譲り受け、大間より下流の日向で植えたものだそうです。

在来の蕎麦ではないかということです。その土地の空気、土、水を得て 地元ので守られ育ってきた蕎麦なのです。
静岡市の山間部にあったのですね・・・その蕎麦はそば粉にすると緑色でとてもいい香りがします。蕎麦の美も小粒なのが特徴・・・

お茶産地で昔から根付いていた食文化に蕎麦もあり、代々受け継がれていたようです。
もっとその歴史を知りたくなりました・・・




| ochako-b | 静岡麺通団 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ポール乳麺???

先日、富士山のふもと富士宮市に、男前 ポール乳麺(ぽーるにゅうめん) という麺が話題といことで、早速調査に行きました!
富士ミルクランドにその麺が・・・

こちら!!


白いスープに上にトマト、キャベツ、お味噌などがトッピングされています。
ポール乳麺は朝霧高原の放牧牛乳を使用した新感覚ラーメンなんだそうです。
ミルクランド自社製のチーズ、地元産の野菜と秘伝味噌など地域発の具材がたっぷり盛り込まれています!

スープは和洋風 化学調味料を使用していないといことで体に優しいスープ。
牛乳を飲まなくなってきた現代、ラーメンスープにすることで身近にもなりますね。
お味噌をブレンドしてミルクスープとの愛称がいいようです。辛味が入っていますのでまろやかさの中に刺激が心地いいです。
モット辛い方がお好みの方はリクエストしてみては?

麺は なんと、富士宮やきそばの麺がラーメンに!
今日くわしくは、電話インタビューしますからお楽しみに「!



| ochako-b | 静岡麺通団 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
藤枝の朝ラーメン文化?(朝ラー)
 香川県には朝うどんを食べる文化があることをお伝えしましたが、あの大リーガーのイチロー選手も朝カレーを食べることで話題になっていましたが、さいきんでは朝からソーメンとトーストになったとのインタビュー記事があるそうです。朝ソーメン??
さて、今年は朝がテーマ、麺を食べることがトレンドか!?

今、静岡県内で朝ラーが話題になっているとの団員の情報に、静岡麺通団の団長はさっそく
藤枝に!朝、午前中にラーメンを食べる人が多いようで、朝、午前中から開店しているラーメン屋さんが多いそうです。

藤枝朝ラー文化軒究会もできたそうで、今、この文化を解明しようと地元でも動きはじめているとの情報!
早速私が出かけたのは、歴史ある朝ラーのお店、このお店は創業1919(大正8)年
「マルナカ 」

午前9時 お店には沢山の男性のお客さんが次から次へ赤い暖簾をくぐりぬけていく。


メニューにもビックリ!「中華そば」と冬なのに 「冷やし」があるのだ。
とりあえず大と並があり並をそれどれ頼む。


あったかいラーメンは、昔懐かしい蕎麦屋のラーメンのような濃い醤油味

冷やしラーメンは、初体験!!紅しょうがと練りワサビがのっている。

色は熱いのとおなじ醤油味ですが、どうダシも変えているようだ。油が浮いていないし、あっさりしている。おいしい!!冷しラーメンはいける!でも夏の冷やしラーメンとは違い「酢」は入っていない!!汁がしゃぶしゃぶに入っている。でも器はガラス・・・???

次に訪れたのは、藤枝市茶町4丁目付近に2軒のラーメンやさんがなぜか連なっています。。

「も」という看板しかない「森下そば」へ恐る恐る入ってみると・・・ココにも「ラーメン」」と「冷やしラーメン」がある。




。塩という文字が気になり、「塩ラーメン」と「塩冷やしラーメン」があり、あったかいのと冷たいのを頼んで見る。





コレもいける!塩はどちらもおいしい!!森下店主は5年前から開店したそうだが、藤枝には昔から午前中からラーメンを食べる人が多いそうだ。森下よしきさんはも小さい頃からこの付近にあった午前中に食べたラーメンの味が忘れれなくて店を開いたそうだ。昔から親しまれている味を守り、飽きのこないはやりすたりのない味を続けてきたいそうです。


値段は450円から500円ぐらい。マルナカは8:30〜13:30
森下そば店は7:00〜13:00まで開店していて、終わりは13:00頃が多いのが特徴!
午前中から昼までの営業が面白い!森下そば店は藤枝市茶町4−19−1

藤枝の朝ラーは昔から庶民に根付く、ソウルフードのように感じたのです!今後も静岡麺通団としては探求していきたいと思うのです。



| ochako-b | 静岡麺通団 | 08:31 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
小豆島 手延べそうめん作り体験


日本三大手延べそうめんのひとつ 小豆島の手延べそうめん(兵庫県・播州、奈良県・三輪)
静岡麺通団団長は高松の朝からうどんの調査のあと、高松からフェリーで1時間小豆島に渡りました。


今、小豆島はそうめん寒干しが冬の風物詩となっているとの情報に、ホテルでそうめん作り体験ができる場所を教えてもらい、草壁港から近い、なかぶ庵さんにお邪魔しました。

どんな風に体験できるのか興味津々の団長は、張り切って参加したのです。

なかぶ庵の店主 中武義景さんが工場を案内してくださり、そうめんの歴史が作り方を丁寧に説明してくれます。

案内された後に、準備された手延べそうめんの麺生地が紹介されました。
なかぶ庵の小豆島のそうめんには厳選の小麦粉と瀬戸内海の塩。それに霊峰星ヶ城山から流れ落ちる水源の水、それから、なめらかな表面を乾燥から守るために、香ばしいゴマ油が使われます。
ごま油も特産で、超有名なごま油メーカーカドヤの工場が小豆島にあるんです。出来立ての50センチほどの麺生地から確かに、ごま油お香りが確かにするんです

これから、長い2本の箸で麺生地を細く伸ばす「箸わけ」といわれる作業をするそうです。
まずは、麺の弾力を感じるために引き伸ばす体験が!伸びる〜〜!!
そうめんってこんなに弾力があるのですね。そして、麺どうしが交差してくっついているのを2本の箸で裁いて細い一本の麺に仕上げます。

これが「箸わけ」!!気持ちいいほど箸が開きます!!
2メートルまでになるんです。




ところが・・私の麺生地に異変が!!
高さ2メートルほどの延ばし機に延ばした麺を管にさしていたのですが・・
なんだかボロボロと麺が落ちていくではありませんか・・・そうです・・切れちゃった・・・4人グループのうち、私だけが切れてる・・・く・や・し・い〜!!左・切れた人と右・うまくできた麺の違い・・・


どうやら、箸わけのときに、そうめんの生地に触れすぎたのと、力が入っていたので、傷がついたようです。やはり、簡単にはいかないのですね。
私がどうも不器用なのですね・・このあと、天日にさらすために庭に並べられます。太陽の光を浴びて風味を増しながら乾燥して完成です。なんと、後日、そうめんつくり体験で作ったMYそうめんが届きました。感激!!なかぶ庵さんの技術できれいに出来がっていました。小豆島でのそうめん作り体験オススメです!!

本日のCha!Cha!サタデー11:45〜の静岡麺通団コーナー 小豆島の素麺の詳しい情報をなかぶ庵さんに電話インタビュー!寒作り天日干し仕上げおいしい小豆島のそうめんのプレゼントが!ご応募はこちら!

| ochako-b | 静岡麺通団 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
朝からうどん
 静岡麺通団 団長のochakoです。
最近、静岡にさぬきうどんのお店が激増しています。先日も国道1号線を静岡駅から西へ、東名取り付け道路へ右折
うどん屋さんが・・・しかも、朝7時から開店しています。そうです。本場四国香川県では、朝からうどんを朝ごはんがわりに食べる文化があることを思い出しました!!そこで、静岡麺通団団長としては、本場、さぬきうどんのお膝元、香川県に再度行かなくてはと思い立ちまして、また、行っちゃいました!4年振りの香川県!!前回はUDONの映画の舞台になった数多くのうどん店がひしめく丸亀市を中心の中讃地域にでかけたので、今回は高松市に出かけました。朝からうどんが食べられるお店は、主に、製麺所が多いんです。
うどんの卸の専門店ですが、食べることもできます。でもセルフです!
お店がやってくれるのは、どんぶりに朝出来たてのゆでうどんを1玉入れてくれるだけ。お客さんは、湯きりにうどんを入れて自ら温めます。



次にお汁を注ぎこれも自分で。最後にトッピングにネギや揚げ玉を自分でいれます。立ち食いうどんとはちょっと違うのです。

主な営業は製麺所ですから、勝手に食べてもらってもいいよ!だから忙しいから自分でやって!というスタンス!!

今は、製麺所がメインではなく、食堂がメインになっているお店も多くなっています。今回、朝から開いている製麺所を2件、はしごしました。

松下製麺所(7:30〜17;30頃)と
丸山製麺所(6:00〜14:30)
2軒とも言えることは安い!1玉150円〜200円
お汁がおいしい!

そして、とっても個性的でした・・・

それは本日のラジオでお伝えしましょう!Cha!Cha!サタデー 11:00〜生放送






| ochako-b | 静岡麺通団 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
facebook




sun mon tue wed thr fri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
【ochako.com】〒422-8042 静岡県静岡市駿河区石田3-16-14 tel.054-286-2002 【お問い合わせ窓口